inohilog

/var/log/inohiro

xargs で一個ずつバラしながら、コマンドに渡す

-L とか -l とか -n とか紛らわしかったのでメモ

$ cat targets | xargs -n1 -t some_command

(targets は一行ごとに何か書いてあるファイル)

  • -n1:扱う結果の個数(1個ずつ取り出したいので 1 を指定している)
  • -t:実行する内容を標準出力吐いてくれる(オプション)

grep した結果を rm とかだと、

$ find */**/*~ | xargs rm

で良かったけど。