inohilog

/var/log/inohiro

近状 - トラックポイントの精度が調整できない

トラックポイントの精度を調整したかったんだけど、なかなかうまくいかず。たまたまだけど、 libinput にバグがあるようで?もしかしたらこれが影響しているかも。しばらく様子を見る

その他

  • だいぶ Linux Desktop 環境に慣れてきた
  • Atomキーバインドは多少調整する必要があった
  • Amazon Alexa の skill を開発しているが、JS つらい
    • TypeScript で書いて変換するという手もあったな
    • あとはユニットテストを書いて、Syntax Error とか、typo にはやく気がつけるようにするとか

近状

引き続きLinux Desktopのセットアップをやってる。

Mac側をLinux 側に合わせるようにしてみて1週間くらい頑張ったが、2008年からMacを使っていたのもあり、いろいろキーバインドが変わるのは厳しすぎた。 そこでLinux側をMacに(なるべく)合わせることに。そもそも、会社Macを使っている時間が圧倒的に長いし。やったのは主に以下:

Macで重宝している Alfred に似たランチャとして、Albert がある。普通に Alfred のように使えるので便利だが、これの起動キーバインドだけは変更する必要があった。Macでは Ctrl-T に設定していたが、Linux 環境で Chrome/Chromium を使うと、新規タブが Ctrl-T になってて、これは変更できなさそうだ(おそらく何らかの拡張機能を入れるとできそうだけど)。そこで、Ctrl-Space にして、統一した。

はやくコードで管理しないと。今からやる。

近状 - 結局 Antergos でデュアルブートすることに

ArchLinux のリポジトリを使いつつ(Manjaroと異なり)、デスクトップ環境がさくっとインストールできる候補として Antergos があったので、 VM で試してから最終的にデュアルブートするようにインストールした。GUI環境は使い慣れてるGNOMEで。

手順はいろいろなサイトで解説されているので、状況だけざっくり書いておく。

最も参考になったのは、以下の Antergos 公式のドキュメント。5月末に書かれてて、良いタイミングだった。

これだけ読めば、事前のWindows側での操作含め、GUIインストーラ使ったインストールは問題なくできるはず(なので、他のサイトへのリンクは不要かな…)。

その後、以下の最低限の状況だけなんとか。

  • HiDPI
  • キーマップ
  • 日本語環境(フォント、漢字仮名変換)
    • この記事も Antergos から書いてる。早く書きたかったが、fcitx-mozc がさくっと動かず、時間かかった
  • 細かいツール(fish, emacs, …)

itamae かなにかを使って構成管理したいと思っているのでやる。ショートカットキーとか、Macと微妙に違ってめんどい。仕事では引き続きMacなので、Mac側を変えて慣れる戦略で。